#039 伊藤計劃

伊藤計劃
1974-2009/03/20
肺癌。享年34歳。夭折のSF作家。

著者
デビュー作
>「虐殺器官」2007

「メタルギアソリッド ガンズオブザパトリオット」
(メタルギア4ネベライズ)

「ハーモニー」

「死者の帝国」
>1章まで伊藤計劃。円城塔との共著。


------------------------------------------------------------------------------


虐殺器官」は10日間で執筆された作品らしい。
公的に暗殺することが仕事の軍人、男主人公。一人称で読みやすい。
戦場という暴力の地獄を描きつつ、ただのグロい文章ではない。
エピローグでは世界を呪うというか、
言葉、虐殺の文法というものが世界を混沌の坩堝に堕とす。
>ハーモニーの大災禍メイルストロムにつながっている。


「ハーモニー」
螺旋監視官という戦争の仲裁をになう機関の軍人の女主人公。
女子高生の頃(回想)と軍人になってからの現在
を行ったり来たりで物語が進んで行く。
HTMLで感情が書き込まれているのは、データとして感情を”再現”するため。


「死者の帝国」
遺作。円城塔が完成させた共著。
19世紀が舞台。ジョン・H・ワトソンとヴァン・ヘルシングが登場。
フランケンシュタインがモチーフになっており、
魂をコントロールするだとか、死者の復活が物語の軸になる。


メタルギア ガンズオブザパトリオット
PS3タイトルのノベライズ。著者がメタルギアシリーズのファンだったこともあり、熱量が凄い。オタコン目線(もしくはMk.IIごしのオタコン)で語られる。
ゲームのムービーシーンが全部詰まった感じ。
エピローグが伊藤計劃オリジナルの物語になっている。




このブログの人気の投稿

#048 乙ゲー マジカルデイズ ストーリー

#026 Folks Soul 評価

#045 メタルギアソリッド4 ゲーム評価