#020 Folks Soul 1-1

2007年、PS3が初期型の頃のタイトル。
まさしく当時中二の私を厨二に引きずり込んだ元凶である。

発売会社はゲームパブリック。今だとモンストが有名。


Folks Soul-失われた伝承-
”死後の世界”で死者の声を聞き過去の事件を解き明かしていくダークファンタジーRPG。

幼少期の記憶を失った女性エレンと
雑誌記者キーツの男女2人の
sideA/sideB2本立てで進んでいく。
5章まで、同じ場所を2回通らないと最終章に辿り着けないのでプレイ時間は長いかも。
とにかく世界観と音楽がうっとおしいくらいに厨二である(褒め言葉)




・ストーリー
現世の村人と会話---死後の世界で過去の事件の被害者の記憶を見る
を繰り返すことで展開していく。
演出はムービorコミック調or立ち絵に吹き出し


・アクションパート
死後の世界でフォークス(魂の成れの果てのモンスター)
をポケモン的な感じで収集、使役しキリキリバサラしていく。

フォークス攻撃すると魂(イド)が飛び出すので、
コントローラーを縦横に振る、上下に揺する、タイミングを合わせて引っ張る等で
”魂を釣る”のがこのゲーム売りである。


倒したフォークスは○×△□に1体ずつ配置し戦闘時には”ジョジョのスタンド”のような形で攻撃に使役する。
属性は水火風、粘着、切断、砲弾、防御等バリエーションは多く、飽きない。

アイルランドの伝承がモチーフなのでケルト神話の妖精、神様、武器の名前が多くフォークスについており厨二心をくすぐる。

・死後の世界は6つ
妖精界=美しい森、花畑、極楽浄土の希望
戦争界=2つの勢力が意味もなく戦闘を続けている戦場
海底都市=現代人が死後の世界を忘却したことにより崩壊しつつある遺跡
無限回廊=出口のない悩み、時間への恐怖で構成されたような、グロテスクな回廊
地獄界=どちらかというと日本風の地獄。裁判所
異界真央=死後の世界と現世をつなぐ樹がある


現代人にとって死後は天国か地獄、もしくは虚無かで語られるけれども
このタイトルで死後の世界はいろいろあっていい、ということを教えてくれた。
音楽と世界観が厨二にドストライクヽ(*゚д゚)ノ


関連記事(随時リンクするよ
イド
カルマ
地獄
死後の魂
妖精
ケルト神話

Occultic;Nine

next >> Folks Soul 1-2

コメント

このブログの人気の投稿

#048 乙ゲー マジカルデイズ ストーリー

#026 Folks Soul 評価

#045 メタルギアソリッド4 ゲーム評価