#017 イドラのサーカス

歌詞の引用はJASRAC先生に怒られちゃうので
内容の紹介だけ。

イドラのサーカス
Neru(押入れp) 2013年 鏡音リンの曲

==以下歌詞要約(?)==
空が濁って見えるくらいに退屈な日常を抜け出したくて
誘惑に負けてしまった

堕ちた地獄では、蜘蛛の糸が救いの手だと誰かが言っていた
でも本当はデマらしい、という噂もあった

どこまでが真実で、何が嘘かなんてわからない

噂の通り、救いなんてなくて、お釈迦様はペレン師だった

気がつけばサーカスの舞台で見世物にされていた

「君も共犯者さ」

舞台の幕はもう上がる

君が主役だ。綺麗事も終わりにして醜く踊ってみせてよ


====




イドラのサーカス
を邪神的に深読みすると



世界は4つのイドラ
思い込み、嘘、デマ、隠蔽で溢れている。
どうだ、サーカスみたいに賑やかだろう?

思い込みやデマだらけの世界で”被害者”の君もまた、
誰かにイドラを撒き散らしている”主役”だ。






関連記事
イドラ

コメント

このブログの人気の投稿

#048 乙ゲー マジカルデイズ ストーリー

#026 Folks Soul 評価

#045 メタルギアソリッド4 ゲーム評価